Stacks Image 193827
友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society
Stacks Image 193824
過去の活動実績
Stacks Image 193847

友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society

過去の活動実績
20141122
特別オープン文化講演シリーズ“講演&食&交流の愉悦” 第十回「日本食文化:精進料理のこころ」
Stacks Image 294089
2014年11月22日(土)、築地本願寺・講堂にて、特別オープン文化講演シリーズ“講演&食&交流の愉悦”第十回「日本食文化:精進料理のこころ」を開催致しました。
当協会理事長・三村京子の司会により会がスタート。
講演者は、昨年に引き続き長島博先生でした。
今年はパワーポイントで精進料理の歴史、精進料理の概略、そして精進料理の心について語って下さいました。
日本料理におけるひとつのジャンルとして確立されている精進料理。和食のルーツとも言えるほど、日本料理の発展に大きな影響を及ぼしました。 精進料理には三流派があり、日本の曹洞宗、臨済宗、黄檗宗で常に仏教の教えと共にある僧侶のための食事でした。精進料理は、本膳料理、会席料理、茶懐石と違い、料理の提供形態ではなく、用いる素材に言及しています。 従って、精進だからと言ってそのシーンは不祝儀の席だけとは限らず、全て一汁三菜であるわけでもなく、客人をもてなすときには本膳形式など立派な仕立てをすることもあります。
精進料理にはルールがある。
《五法を駆使し、五色を盛る》
五味を持つ五色の材料を五法で調理し、盛り付けるという料理の姿勢。
・五つの味付け(甘い、辛い、すっぱい、苦い、塩辛い)をしなければいけない
・五つの調理法(生、煮る、焼く、揚げる、蒸す)を用いなければいけない
・五つの色(赤、白、緑、黄、黒)を使った献立をつくらなければいけない
長島博の精進料理の心
精進料理はもともと、雲水(修行僧)の作る料理。
作ることから食べることまでが修行でした。
食とは本来、生きながらえるためのもの。
この世の動植物には食物連鎖、生命体としての連鎖があります。
人間にとって生きることとは、全てから命をいただくことです。
ここに人間の罪=強欲があります。
全ての命に生かされていることに、毎日の食事で、感謝をすることが大切です。
たとえ肉や魚を使っても、素材を大切に扱って料理をし、感謝を込めて残さずに食べる。
これこそが、心にも体にも良い、精進料理と精進のこころです。
講演最後に、江戸の名工、現代の名工を受賞された長島先生らしい包丁技を実演してくれました。 まずは、家庭でも作れる「雪輪」。手元を見たいと、参加者は前に出てきて興味津々!
食材は、一瞬にして作品に。雪輪大根の上に乗るのは蛙。中心にはお正月用の獅子頭。そして、後ろには輪違い大根。(輪違い大根とは、天明五年(1785年)に発行された「大根一式料理秘密箱」に記載され、江戸時代に流行した飾り包丁の技術。百年以上絶えていた技を長島先生が復活させました。)
講演・実演後、長島博監修・精進料理をいただきました。 築地本願寺で唱えられる食前のことばを、皆で合唱しました。「多くのいのちと、皆様のお陰により、このご馳走を恵まれました。深くご恩を喜び、ありがたくいただきます」
見事な会津塗りの碗類で精進料理を楽しむ参加者。遅いお昼でお腹が空いていたのか、全員大満足!
Stacks Image 39433
小川料理長より献立と器の解説をいただきました。メニューで一番のサプライズが鰆湯葉でした。どう見ても、湯葉がお魚に見えました! また、器は本物の会津塗りの立派な赤漆。手に良く馴染み、食事は精進の精神といえども贅沢な気分になりました。
小川料理長に食事の解説をいただきました。 質疑応答は活発でした。中でも毎日新聞の大坪氏による質問で会場に朗らかな笑い声が響き渡りました。「世界遺産となった和食。外国人にどのようにしてうまみを理解させ、説明させたら良いでしょうか?」答えは、それぞれの国や地域と、その時の季節感に応じた美味しいものを和風に仕上げることが、世界に和食を広める鍵である、ということでした。
全国技能士連合会及び全国日本調理技能士連合会 片田勝紀会長と、全日本司厨士協会総本部 宇都宮久俊会長に、結びの言葉を賜りました。身も心も温まる、とても美味しい一年の締めを、大勢の皆様とご一緒に楽しませていただけた幸せを感じる会となりました。
皆様の参加こそが、友情の架け橋の原動力です。
Stacks Image 39451
皆様、またカエル!
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
そして、また来年、健康で楽しく、お会いしましょう!
20141018
特別オープン文化講演シリーズ “講演&食&交流の愉悦”「第9回浪曲&笑いと涙」を開催致しました。
Stacks Image 40243
2014年10月18日(土)、明治神宮外苑・絵画館のサロンで口演「浪曲&笑いと涙」が実施されました。当日は大きな被害をもたらしたスーパー台風が過ぎ去った後の真っ青な快晴の中で行われました。
口演の前に、絵画館の計らいで副館長の藤井氏が参加者のために特別にガイドツアーをして下さいました。
聖徳記念絵画館(正式名称)は、明治天皇と昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝えるために造営された、神宮外苑のシンボルともいえる存在です。
花岡岩表装の重厚な概観と、中央ドーム、画室の採光などに先駆的な技術が取り入れられており、日本の建築技術の発展を知る上でも、重要な建造物です。平成23年(2011年)6月に、日本最初期の鉄筋コンンクリート造りの美術館建築として国の重要文化財に指定されました。
館内には御二方の御在世中の御事績を伝える80枚の大壁画(縦3m、横2.5〜2.7m)が画題の年代順に展示されており、当時の出来事を時代を追って見ることが出来ます。
今年、世界遺産に登録された群馬県の富岡製糸場を、明治6年6月24日(1873年)に見学された皇后が工場を視察される絵。
絵画館の特別解説ツアーの後、浪曲師・玉川奈々福氏と曲師・沢村豊子氏(三味線)による「浪曲&笑いと涙」のお話しと口演が、絵画館・サロンで行われました。
Stacks Image 40249
口演の前に、奈々福氏は特別に日本の語り芸の歴史と、浪曲の発展と現在について講義をしてくれました。
日本は世界でも類を見ない、語り芸の多い国だそうです。この国の風土に育まれた人々の感性、感受性が、言葉とリズム、また、音楽とともに表現されてきた素晴らしい遺産が、本日の浪曲口演に凝縮されていることに皆、感じ入っておりました。
浪曲口演は「仙台の鬼夫婦」。仙台伊達藩六十二万石の家老職で、三千石・砂子三十郎の一人娘・お貞の物語です。
お貞は仙台一の美人で器量良し。この素晴らしい女性は何と、無役で七百石しか持たない仙台一の放蕩者・井伊直人に心を奪われてしまったのです。親の反対を押し切り、押しかけるようにして結婚したお貞。愛する亭主を、 愛情とウィット、鞭と飴で、世に名を残す見事な男にたたき上げていきます。
Stacks Image 40255
奈々福氏の語りと、沢村氏の三味線と掛け声が、絶妙のバランスで会場をわかせました。
笑いと涙のある、テンポの速い、実に楽しい浪曲口演でした。
Stacks Image 40273
口演後、演者二人を囲んで昼食会。
Stacks Image 40282
昼食後、参加者の皆様から多くの質問が寄せられ、浪曲への関心の高さを感じる会でした。
Stacks Image 40288
皆様のご参加こそがNPO友情の架け橋の原動力です。
楽しい会にして下さった皆々様に、NPO一同、心より感謝を申し上げます。
また次回、お目にかかれますことを、心より楽しみにいたしております。
Stacks Image 40205
Stacks Image 40207
Stacks Image 40213
Stacks Image 40225
Stacks Image 40219
Stacks Image 40231
Stacks Image 40237
友情の架け橋・文化講演では、日本の語り芸を応援しております。
浪曲のみならず、落語や講談など、参加者の皆様から是非取り上げて欲しい方々の推薦を頂戴しています。
一緒に学び、一緒に楽しみたい、という方の推薦をいつでも受け付けておりますので、遠慮なくご提案下さい。
201492
特別オープン文化講演シリーズ“講演&食&交流の愉悦” 「第8回文楽を支える技:床山とかしら」
Stacks Image 294091
2014年9月2日(火)午後6時からルポール麹町2階ルビーの間で文楽を裏方として支えてきた床山の高橋晃子氏とかしらの村尾愉氏の二人による講演が行われました。
そこには、世界に類の無い技が沢山ありました。
講演前にウェルカム・レセプション。軽い食事を取る皆様。初めてご参加の方、お一人でご参加の方、そして仲間で常連の方々など、主催者側から紹介を申し上げ、和やかに親睦を深めていました。
Stacks Image 44543
講演は当協会理事、吉田勘彌氏の挨拶で始まりました。
Stacks Image 44554
次に、理事長、三村氏からかしらの村尾氏、床山の高橋氏の紹介、お二人の職場について簡単な解説をしていただいてから、緊張する村尾氏に話しを繋げていただきました。
村尾氏は国立文楽劇場・技術部の文楽人形のかしら係。公演の合間や会期終了後に、人形遣いから持ち込まれるかしらの数々。かしらと言っても、責任は人形の頭ばかりではありません。
かしらの仕事机(大阪の国立文楽劇場)。人形のあらゆる部品がごろごろ! 全てが修理を待っていました。 かしらは実は、人形のお医者さん。
沢山の人形の手や足が持ち込まれていました。あれ? 手の一本に、参加者にとって聞き覚えのある名前が手書いてありました。(弊協会理事の勘弥さん。)
Stacks Image 44568
人形は舞台のたびに化粧を直し、鬘(かずら)や衣装をつけて、様々な役柄に変身します。人形は国立文楽劇場が所有しており、かしらはおよそ40種類、320点余りある。公演ごとにかしらの配役を決める「かしら割り」があり、使用するかしらを選びます。前の公演でついた汚れを落とし、鬘を取り外し、固定されていた針穴を埋め、頷きや顔の表情を変えます。
仕掛けの調整、補修をした後、胡粉(貝殻を粉末にして膠(にかわ)で練った塗料で役に応じた色に塗りなおします。 最後に眉や目元を描く「キオイ」と呼ばれる化粧を施します。
からくりには、ばねのようにしなやかで反発性のある素材が必要です。人形の場合、鯨のひげが使われています。 かしらに取り付けられた黒い部品は、金属ではなく、鯨のひげです。ひげといっても、村尾氏の身長よりも遥かに長いものです。現在、村尾氏が大事に使用している鯨のひげは1961年のものです。
最後に、かしらは修理や修復作業ばかりではなく、新作のかしらにも挑んでいることを村尾氏は語ってくれました。作業中のかしらと、からくりによる表情・人格の変貌に会場はわき立ちました。

後半は、村尾氏の話の間から壇上でずっと人形の鬘を制作していた高橋晃子氏が、床山について話しをしてくれました。
Stacks Image 44619
役者の髪を結う職人を床山と言います。高橋氏は、男性社会の文楽界で、初の女性メンバーです。大阪の国立文楽劇場での職場は、男所帯で道具、材料、人形も山積み状態。その作業場を整理整頓し、作業しやすくすることから修行が始まったそうです。
Stacks Image 44621
鬘は、頭の形に打ち出した銅版(合金)に蓑状に編んだ毛(人毛やヤクの毛を用途に合わせて使い分けます)を縫い付けたもの。これを針でかしらに固定します。
Stacks Image 44627
つやつやとした人形の髪の毛。油は一切塗っていません。油を使用できない理由は、顔の胡粉が浮いて付着しなくなるからです。
Stacks Image 44642
髪型は約120種類あり、立役(男役)が80種類。女役が約40種類ほどです。その中から人形の役柄に合った髪型を一体一体にきれいに結びあげていきます。
演出効果を高めるために劇中で髪が乱れてザンバラになる髪形もあります。高橋氏は、美しい髪が捌けるように仕掛けを施して目の前で結い上げてくれました。そして、有志の参加者に髪留めを抜いてもらいました。
美しい髪がばらりと解け、娘の姿は乱れ、・・・「あああ!」という喚声も上がってつかの間、かしらの表情が鬼へと変身し、その迫力に参加者は圧倒されました。
めったに伺うことのできない、かしらと床山の話。あっという間に時間が過ぎて大盛会の内に終了しました。
会終了後、多くの参加者は壇上に並べてあったかしらに殺到し、冷め止まぬ興奮を共有していました。
今後、文楽の舞台を鑑賞する上で、かしらと床山のこころと創意工夫を想像しながら、文楽に親しみを覚え、更にその芸術の奥深さを楽しんでいただけますことを願っています。
Stacks Image 44530
Stacks Image 44536
Stacks Image 44563
Stacks Image 44576
Stacks Image 44582
かしらはこんなにも酷使されていました。しかし、村尾氏の手にかかると、かしらは舞台に立つ役者へと変身します。
Stacks Image 44588
Stacks Image 44594
Stacks Image 44596
Stacks Image 44602
今回の参加者から、感想が届きました。
Stacks Image 44659
Stacks Image 44661
吉田勘彌 弊協会理事
Stacks Image 44647
2014719
特別オープン文化講演シリーズ“講演&食&交流の愉悦” 「第七回 伝統菓子とシュガーロード」
Stacks Image 294093
2014年7月19日(土)、全日本銘産菓子工業協同組合 村岡安廣理事長により、砂糖の伝来と和菓子との関係について講演が行われました。
有名な世界の菓子切手コレクターでもある村岡さんは、切手の図柄で歴史をひも解きながら、終盤には解説にでてきた和菓子を5種類も試食させてくれました。
和菓子を食べながら、の話しは大変分かりやすく、また、贅沢で楽しいものでした。
Stacks Image 45434
Stacks Image 45439
左は講演会のレジュメ。右は砂糖の精製と大航海時代のエッグタルト。
Stacks Image 45430
Stacks Image 45445
村岡さんの講演は多岐にわたり、大変楽しく、参考になりました。参加者全員に配られた和菓子:村岡総本舗の小城羊羹、本練り切り羊羹、丸ぼうろ、どら焼き宗歓、そして楠田製菓本舗逸口香。
Stacks Image 45451
羊羹は製法の違いにより、味覚・食感が違い、参加者は真剣にメモを取りながら菓子を味わいました。
Stacks Image 45457
当協会理事長より謝辞。元三菱商事証券代表取締役相宅伸夫さんが乾杯の音頭。
Stacks Image 45463
演者とのレセプションは和やかに。「食」業界の方達のご参加も多く、活発に名刺交換をし、食事をしながら楽しく歓談していました。
友情の架け橋文化講演では、和菓子シリーズを今後提供する予定です。 次回は、江戸の菓子を取り上げます。
皆様のご参加こそがNPO友情の架け橋の原動力です。
楽しい会にして下さった皆々様に、NPO一同、心より感謝を申し上げます。
また次回、お目にかかれますことを心より楽しみにいたしております。
開場直前の受付。今回は受付で「備前の菓子」「村岡総本舗資料館案内」を販売しました。大好評でほぼ完売しました。
Stacks Image 45469
参加者からのご感想
Stacks Image 45471
村岡さんの資料に、全日本銘産菓子工業協同組合の機関誌(2014年夏号)や「長崎街道シュガーロードマップ」がありました。
日本で発展した菓子類は、カステラ含めて、一っ飛びにポルトガルから日本にやってきたのではなく、中国や朝鮮半島で様々な製法の影響を受けたものが日本の伝統的菓子へと進化していったことを、初めて知りました。
鉄砲の伝来と共に、日本に伝わった砂糖。九州には、伝来当時の製法や味を守りつつ、今なお親しまれる伝統菓子が沢山あります。
村岡さんの提供して下さった資料を一部ご紹介します
Stacks Image 45477
Stacks Image 45483
Stacks Image 45485
2014530
特別公演「第18回日本太鼓財団チャリティーコンサート」を開催致しました。
Stacks Image 294095
2014年5月30日(金) 草月ホール(東京都港区赤坂7-2-21)にて、公益財団法人日本太鼓財団主催の「日本太鼓チャリティーコンサート」に、友情の架け橋音楽国際親善協会が共催いたしました。
日本太鼓チャリティーコンサートは、圧巻の演奏で聴衆全員に感動と力を与えて下さいました。
日本太鼓財団は、1997年の創設以来、日本太鼓の伝統を正しく継承、保存するとともに新たな創作活動の普及、振興を図るため各種の事業を展開しています。
現在は42都道府県に46支部を設置、加盟団体数725団体、会員数2万1千人から成る組織です。毎年ジュニアコンクール、シニアコンクールなど、様々な活動を国内外に展開しています。
当日は18:00~18:50まで、美しい玄関ホール(イサム・ノグチ(1904-1988)のデザインによる石庭)にてコンサート前レセプションを行い、来場された皆様は歓談の一時を過ごされました。
今年は全国各地6団体による演奏が披露されました。大太鼓、桶胴太鼓、締太鼓などを巧みに使い、神聖で幽遠な神楽、勇ましい出陣演奏、伝統技と舞台芸術を追及した各優勝チーム。各チームの特色が絶妙に現れていたことが魅力的でした。また、国際的に「Taiko」といえば大太鼓を前に一人打ちするジャパニーズ・マッスル、目にも留まらない速さのバチさばき、熟練シニアの巧みな打ち舞い、そして真っ直ぐでエネルギー弾けるジュニア演奏。全て揃えた舞台は見事で聴衆を虜にしました。
Stacks Image 40082
Stacks Image 40084
Stacks Image 40088
Stacks Image 40090
Stacks Image 40080
太鼓コンサート終了時、演奏者と共に日本太鼓財団の塩見理事長、理事の皆様、弊協会三村理事長が登壇し、三本締め。
ご来場いただいた国内外の支援者や弊団体のボランティアの方々からは感激の声を沢山いただきました。
当日の募金総額は993,000円となりました。皆様の温かいお気持ちに心がが熱くなりました。いただいたご寄付は、今後の活動に大切に使わせていただきます。
とても素晴らしい演奏を見せて下さいました演奏者の皆様、このチャリティーコンサートを開催して下さいました日本太鼓財団の会長、理事長様を始め、役職員、職員の方々、日本音楽財団、日本財団の方々、そして、ご来場され、ご寄付をしていただきました皆様お一人お一人に厚く御礼申し上げます。
Stacks Image 40104
201441819
「特別オープン文化講演シリーズ “講演&食&交流の愉悦” 「第六回 Japan is Bi(美)-eautiful」
Stacks Image 303795
2014年4月18日(金)と19日(土)、2回に渡り日本の生活美をBlue & Whiteで、世界に発信してこられたエイミー加藤女史に、東京都指定名勝・清澄庭園の涼亭で話しをしていただきました。
エイミーさんは日本の藍染文化を現代のライフスタイルに生かす方法を、ユーモアを交えて日本語で力説。1960年代に来日して以来、エイミーさんが大事にしてこられた馬の腹掛けや湯上げ、野良着やおんぶ紐を実際に拝見しながら、日本人が見過ごし、失ってしまった思いやりの形や日本固有の美意識を反映した品々に、参加者は心を奪われました。
日本の文化は自然との共生の中で、如何に季節感を暮らしの中に取り入れ、創意工夫を何世代にもわたり重ねてきたか。それが生活の知恵となり、美意識となりました。職人は自然に敬意を抱きながら身の回りの材料を大事に扱い、日常生活に使用してきました。
講演会場となった清澄庭園は、江戸時代の豪商・紀伊国屋文左衛門のものだと言われています。明治時代になって三 菱財閥の創始者・岩崎弥太郎が買い取り庭園を整備しました。庭園の中央には大きな池があり、その池に浮かぶように設計された数寄屋造りの涼亭。明治期には貴賓を迎えるために使用されました。現在、東京都の名勝に指定されています。水面には青鷺、かもめ、小鳥が優雅に飛び交い、亀はのんびりと日向ぼっこ。
涼亭は都の指定名勝であるため、使用規制が大変厳しい。消防法により、定員は40名と設定され、コンセントが無いため、パワーポイント、スライドの使用は不可。講演会は「紙芝居」形式で画用紙にプリントした写真による解説と、会場に設けたディスプレーで説明しました。
Stacks Image 303832
Stacks Image 303840
左・凧の腹掛け
ほとんどの参加者が初めて目にする、昭和初期まで日本の生活に密着していた伝統的な藍染め。
右・染め上がったばかりのさらし
講演のためにエイミーさんが青梅市の壺草工房に依頼して準備しました。
Stacks Image 303812
左・藍染めの古布を使ったちゃんちゃんこを着て挨拶する三村代表。
右・エイミーさん提案の4つのテーブルディスプレー。
Stacks Image 303814
日本の木造建築や藍染めといった、日本の風土から生まれた日本人の美の感覚のすばらしさを力説するエイミーさん。
Stacks Image 303816
Stacks Image 303842
Stacks Image 303838
Stacks Image 303836
参加された方から感想を頂きました。
Stacks Image 303844
2014418
「Mingei and the Way of Tea (柳宗悦の民藝と茶道)」について講演を行いました
Stacks Image 294097
平成26年3月8日(土)当協会代表三村京子は、日本民藝館(東京目黒区駒場)で「Mingei and the Way of Teaについて英語で講演しました。
三村は日本民藝館元国際部主任。20年近く在籍し、現在も民藝について講演・執筆を続ける。日本アジア協会に講義を行ったのはこれで2度目。日本民藝館で開催中であった「茶と美:柳宗悦の茶」展にあわせ、講演、館内解説、及び西館(旧柳邸)の自由見学を行いました。
日本アジア協会とは1872年に横浜で創設された日本を研究する学術学会です。当時、日本に居住していた外国の外交官、実業家、宣教師、医師などが日本についての知見を深めるため定期的な会合として始まりました。
講演は、民藝という造語と日本民藝館を設立した柳宗悦(1889-1961)の誕生から、どのようにして彼が民衆的工藝の理論にたどり着いたか、また、民藝と茶道がどのような関わりがあったのか、二つの課題について解説しました。
特に厳しい寒さが残る当日、70名以上もの会員が講演に詰め掛け、大盛況でした。
Stacks Image 46633
Stacks Image 46625
Stacks Image 46627
日本民藝館の創設者、柳宗悦(1889-1961)は、「民藝」という言葉と概念を作ったのは1926年のこと。 柳の茶への関心は、工藝の美に着目した時とほぼ同時期でした。1927年に「工芸美論の先駆者に就いて」を著していますが、初期の茶人たちが選び出した大名物(おおめいぶつ)が平凡な雑記であったことを指摘しました。そして、茶の祖、村田珠光や武野紹鴎などの直観と鑑賞力に敬念を捧げています。

同時に、自らが行おうとしている民芸運動は、茶の伝統のように雑器の美を褒めたたえ、更にその美の出所を解明することも自分の任務であると宣言しました。柳はそれ以後、茶の意義を生涯、語り続けました。

1931年に柳は「『喜左衛門井戸』を見る」著し、この天下随一の名碗が①朝鮮の雑器であった事、だからこそ、②無事健康の美を具え得たこと、③茶祖たちの直観が正しかったこと。「この一個と私が今日まで集め探して来たものとを思い比べる。「進め、進め、お前の道を進め」と、大名物(おおめいぶつ)は私にささやいてくれる。私は私の歩いた道が、そして歩こうとする道が間違っていないということを省みる (再確認する) 。」

これほどに茶を愛した柳でしたが、茶道の両千家等の家元が、必ずしも信や美において、道を究める姿勢を持っていない、と断言。また、それにもかかわらず、世襲によって権威となって君臨している点を「封建制の弊害」とみて、強く批判しています。
Stacks Image 46639
本来「茶道が美の宗教足りえるのは、美への直観が其の基礎をなしている」(柳宗悦全集第17巻)。しかし、世襲の家元や道具屋によって茶が不純なものになり、道から遠くなっているだけでなく、「茶人の多くは、茶を茶室の中に限っているが、「日々の暮らしの茶」にしなければならない」と主張しました。

柳は、茶の歴史は既に400年もあり、生活様式等に変化が生じているのだから、時代の推移とともに発展があってよく、茶の伝統はもっと創造の精神と結ばれる必要があると考え、晩年、日本民藝館で独自の茶会を3回開催しました。

柳の行った茶会が家元や道具屋とはかかわりなく、彼の眼力によって選ばれた民藝館所有の道具が使用されていたのは勿論のことであった。しかも、そこには中国や朝鮮、英国のものまで含まれていた。柳は「民芸品」は「極めて国民的であるが、同時に極めて国際的で各国の民芸品日は相互に共通の性質が濃く」、美はそれが十分に美しい物であるならば(不二美ならば)国境をも超える(16-260)とみていました。それ故、茶会での道具の選び方には、民芸の不二美が国境を越えて共生しうることを実証する、という意味もありました。
Stacks Image 241217

ジャパン・オルフェオ公式ページ